福利厚生事業

生活サポートサービス

※詳しくは共済会までお問い合わせ下さい。

■介護費用見舞金の給付

共済会では、ご家族の介護に関する給付事業を行っています。申請がまだの方は下記をご覧の上、申請してください。

  1. H16.4.1現在すでに会員であった方で、同居の親族(2親等以内)が要介護状態であること
    介護費用見舞金〔1〕
    一律5万円
  2. 会員資格取得後、親族(2親等以内)が新たに要介護状態になること
    介護費用見舞金〔2〕
    一律5万円
  3. 会員資格取得後、親族(2親等以内)が新たに要介護状態になったとき(上記〔2〕)、
    介護のために会員が実際に費用を負担すること
    介護費用助成金〔3〕
    5万円限度実費

  4. ※介護施設利用料の自己負担分も助成対象となります。
    【ご注意】
    ◆平成16.4.1現在の状況により、給付対象が異なりますのでご注意ください。
    ◆給付を受けることができるのは、同一親族につき1回限りとなります。
介護費用見舞金の給付についての詳しいご案内は下のPDFをご覧ください。

介護費用見舞金・介護費用助成金の給付請求についてのご案内・介護費用見舞金給付・事前報告書

PDF版ダウンロード
[380KB]

介護費用見舞金給付・事前報告書

Excel版ダウンロード
[64KB]

■人間ドック利用助成(指定の様式が必要です)

助成対象

健康保険適用外の受診で、検査料の全部を自己負担した検査に限る
※当該年度につき一回限り

助成対象検査種類
  1. 基準検査項目に準じた健診を行う人間ドック(一泊・半日・日帰り)
  2. 脳ドック、肺ドック等
  3. 各種がん健診
  4. PET CT
  5. 付加健診・オプション部分(協会けんぽの一般健診及び生活習慣病予防健診の時に追加するものに限る)
  6. 胃カメラ、大腸ファイバー

☆助成額
検査に要した費用の5割、1万円を上限とします。(円未満切りすて)

助成対象とならない健診
  1. 協会けんぽの一般健診
  2. 生活習慣病予防健診

※常時使用する労働者に対し、1 年以内ごとに1 回行う定期健康診断(労働安全衛生法第66 条、労働安全衛生規則第44・45 条)は、この人間ドック利用助成対象になりません。

■事故による死亡、後遺障害についての弔慰金(10万円)(三井住友海上による団体保険)

■無料電話相談(三井住友海上が実施する無料電話サービスをご利用いただけます)

  • 健康・医療相談
  • 育児相談
  • 介護相談
利用時間 10:00~22:00 年中無休
  • 法律相談
  • 税務相談
  • 年金・資産運用相談
利用時間 14:00~18:00 平日
  • 暮らしの情報提供
利用時間 10:00~18:00 平日
≪ご利用方法≫
フリーダイヤル0120-03-3939へおかけの上、オペレーターに団体名(大阪民間共済会)と証券番号(NA03004456)をお知らせください。
戻る