共済会便りロゴ

 

平成14年度事業報告

 平成15年5月23日(金)開催の評議員会、平成15年5月28日(水)開催の理事会におきまして、平成14年度の事業報告並びに決算報告が承認されましたので、つぎのとおり会員状況、福利厚生事業報告、収支計算書総括報告を掲載させていただきます。

●会員の状況      (平成15年3月末日現在)
 会員総数 27,316人
 (男 性 6,980人・女 性 20,336人)
 (市 7,124人・府 20,192人)

<部会別>     ※上段:総数/中段:女性/下段:男性

所管 保育 老人 成人 児童 母子 その他
大阪市 1,837人 2,919人 1,388人 891人 83人   7,118人
女 性 1,687人 2,015人 719人 682人 73人   5,176人
男 性 150人 904人 669人 209人 10人   1,942人
大阪府 6,278人 8,719人 2,949人 2,223人 23人 6人 20,198人
女 性 5,793人 6,147人 1,731人 1,472人 16人 1人 15,160人
男 性 485人 2,572人 1,218人 751人 7人 5人 5,038人
8,115人 11,638人 4,337人 3,114人 106人 6人 27,316人
女性計 7,480人 8,162人 2,450人 2,154人 89人 1人 20,297人
男性計 635人 3,476人 1,887人 960人 17人 5人 6,944人

 

<在会年数別>
在会年数 人数 在会年数 人数 在会年数 人数
1年未満 1,824人 15年 308人 30年 52人
1年 5,124人 16年 306人 31年 79人
2年 3,881人 17年 279人 32年 42人
3年 2,542人 18年 290人 33年 27人
4年 2,103人 19年 212人 34年 18人
5年 1,676人 20年 224人 35年 5人
6年 1,372人 21年 250人 36年 7人
7年 1,151人 22年 227人 37年 6人
8年 870人 23年 267人 38年 6人
9年 772人 24年 208人 39年 3人
10年 629人 25年 163人 40年 5人
11年 639人 26年 133人 41年 3人
12年 502人 27年 153人 42年 3人
13年 402人 28年 139人 43年 18人
14年 316人 29年 80人  

 

●福利厚生事業報告

種別 事業名 参加人員 開催日 開催場所



第34回ソフトボール大会 571人 平成14年10月10日 舞洲スポーツアイランド運動広場
第27回バレーボール大会 230人 平成14年11月30日 大阪府立体育館
第12回従事者ゴルフ大会 129人 平成14年 8月30日 グランドオークゴルフクラブ
第24回軟式野球大会 264人 平成14年 9月19日 舞洲スポーツアイランド運動広場
第28回施設従事者体育祭 1,900人 平成14年11月17日 枚方松下電器体育館
文保
化養


観劇の招待(50歳以上の会員) 734人 平成14年 9月〜11月 吉本新喜劇
第52回従事者激励会 950人 平成14年12月13日 大阪「松竹座」松竹新喜劇
プロ野球観戦招待 500人 平成14年シーズン中 甲子園・大阪ドーム



趣味・娯楽に対する補助斡旋
USJスタジオパス
映画鑑賞のチケット
なんばグランド゙花月
パソコン教室
テニスコート利用助成

提携旅館・ホテル利用助成
  「カウベル」
  「ときめきの宿」
  「リゾートトラスト」
  「グリーンピア三木」
リゾート施設
  「レイクフォレスト」
  「白山ヴィレッジ」
  「オーナーズヴィラ」
その他
  家庭常備薬の斡旋
助成要綱にもとづく助成

1,655人
77,539枚
240人
273人
42人


79人
50人
177人
4人

106人
13人
163人

2,404人
16件

平成14年度中

 


ユニーバーサルスタジオ
映画共通利用券
なんばグランド花月
富士通パソコン教室
泉北アクアテニスコート・
千里アクアテニスコート










白石薬品
 

事フ


業シ
海外小旅行 40人
34人
平成14年8月22日〜26日
平成14年8月23日〜27日
北京ツアー(4泊5日)
事メ
業 |
  ル
会員誕生日メール事業 23,403人 会員の誕生月

お祝いの品とメールの送付
(在会1年以上の会員)






会員サロン 265人 平成14年度中

大阪民間社会福祉事業従事者
共済会会員サロン
(大阪府社会福祉会館 1階)

傷害死亡保険の一括加入      
永年会員記念品贈呈事業 167人    

 

●収支計算書総括報告

1.収入の部(単位:円)
科目
総合計
一般会計
特別会計
退職給付金
貸付金
福利厚生事業
財産等収入 48,834 48,834 0 0 0
掛   金 1,093,391,260 1,093,391,260 0 0 0
負 担 金 1,093,391,260 1,093,391,260 0 0 0
入 会 金 6,053,000 6,053,000 0 0 0
補 助 金 772,978 772,978 0 0 0
貸付金利息 13,372,829 0 0 13,372,829 0
雑 収 入 2,099,161 2,068,262 0 26,121 4,778
積立金利息 0 0 0 0 0
償 還 金 139,891,495 0 0 139,891,495 0
繰入金収入 1,908,250,536 9,453,000 1,677,537,536 0 221,260,000
当期収入合計 4,257,271,353 2,205,178,594 1,677,537,536 153,290,445 221,264,778
前期繰越収支差額 155,190,637 1,502,085 0 129,129,167 24,559,385
収入合計 4,412,461,990 2,206,680,679 1,677,537,536 282,419,612 245,824,163

 

2.支出の部(単位:円)
科目
総合計
一般会計
特別会計
退職給付金
貸付金
福利厚生事業
給 付 金 1,803,837,536 0 1,677,537,53 0 126,300,000
貸 付 金 97,340,000 0 0 97,340,000 0
福利厚生費 58,206,999 0 0 0 58,206,999
事業運営費 7,347,695 0 0 3,864,786 3,482,909
永年会員記念品費 11,690,000 0 0 0 11,690,000
役 員 費 490,495 490,495 0 0 0
事 務 費 111,931,793 111,931,793 0 0 0
固定資産取得支出 714,798 714,798 0 0 0
特定預金支出 6,687,203 6,687,203 0 0 0
退職給付金積立金 186,060,454 186,060,454 0 0 0
繰入金支出 1,908,250,536 1,898,797,536 0 9,453,000 0
当期支出合計 4,192,557,509 2,204,682,279 1,677,537,536 110,657,786 199,679,908
当期収支差額 64,713,844 496,315 0 42,632,659 21,584,870
次期繰越収支差額 219,904,481 1,998,400 0 171,761,826 46,144,255

 

3.正味財産増減計算書総括表(単位:円)
科目 総合計 一般会計 特別会計
貸付資金 福利厚生事業
 (1) 増加の部
当期収支差額 
資産増加額
 
64,713,844
290,802,455
 
496,315
193,462,455
 
42,632,659
97,340,000
 
21,584,870
0
0
増 加 額 合 計 35,551,6299 19,395,8770 139,972,659 21,584,870
 
 (2) 減少の部
  資産減少額
  負債増加額
 
 
462,228,530
5,660,000
 
 
322,337,035
5,660,000
 
 
139,891,495
 
 
 
0
0
減 少 額 合 計 467,888,530 327,997,035 139,891,495 0
当期正味財産増加額 -112,372,231 -134038265 81164 21584870
前期繰越正味財産額 13,551,163,936 12,871,721,254 654,883,297 24,559,385
期末正味財産合計額 13,438,791,705 12,737,682,989 654,964,461 46,144,255

 

4貸借対照表総括(単位:円)
科目 総合計 一般会計 特別会計
貸付資金 福利厚生事業
 (1) 資産の部
  流動資産
  固定資産
   基本財産
   その他の固定資産
 
224,885,534
 
3,799,971
13,251,667,415
 
2,969,048
 
3,799,971
12,768,464,780
 
175,758,627
 
0
483,202,635
 
46,157,859
 
0
0
資産合計 13,480,352,920 12,775,233,799 658,961,262 46,157,859
 
 (2) 負債の部
  流動負債
  固定負債
 
 
4,981,053
36,580,162
 
 
970,648
36,580,162
 
 
3,996,801
0
 
 
13,604
0
負債及び正味財産合計 41,561,215 37,550,810 3,996,801 13,604
 
 (3) 正味財産の部
  正味財産
 
 
13,438,791,705
 
 
12,737,682,989
 
 
654,964,461
 
 
46,144,255
負債及び正味財産合計 13,480,352,920 12,775,233,799 658,961,262 46,157,859

※平成14年度決算において、退職給付金(1,667,537,536円)の内、
旧制度(昭和55年3月度以前)での凍結退職金(163,990,535円、199名)を精算いたしました。

 

このページのトップへ戻る

第7回資産運用委員会

委員会風景 本会理事会の諮問機関である資産運用委員会(委員長 永島 剛)が5月14日開催された。
 挨拶、事務局からの報告の後、退職共済制度の財産を運用している金融機関「りそな信託銀行」より、平成14年度決算報告があった。厳しい経済情勢のなかで時間加重収益率(時価ベースの収益率)は、三期連続のマイナス運用(▲10.80%)、評価損(時価と簿価の差額である含み損)は、1,972,913千円。簿価ベースの収益である総合利回りも昭和47年に現在の運用方法になって以来はじめてのマイナス(▲2.43%)となった。資産配分において、株式比率を抑えた運用(国内債券41.3%・転換社債2.9%・国内株式23.7%・外国債券10.8%・外国株式13.3%・その他資産7.9%)の結果、企業年金や厚生年金基金の運用と比べ、マイナス幅は小さいものの、国内外の株式が、市場心理の冷え込みから予想以上に値を下げたことで非常に厳しい結果となった。5月7日までの直近の運用では、修正総合利回り2.82% 評価益約2.7億円と改善が見られるものの、当面は厳しい運用環境が続く見込みである。
 これらの報告を受けて、協議が行われた。確認がされた主な内容は次のとおり。

(1)

 

平成15年度は、事業計画に沿って、金融機関による制度の分析と、資産運用コンサルティングの導入を行い、資産配分の決定、運用機関の選択等の運用計画を第3四半期をめどに策定する。

(2)

コンサルティング契約は、契約書の内容、費用等について確認の上、6月をめどに行う。

(3)

平成17年度の、社会福祉・医療事業団の制度見直しへの対応など今後の制度の構築に当たっては、全国社会福祉施設経営者協議会、厚生労働省担当課・他府県の共済制度実施団体と連携して取り組んでいく。

※5月17日りそな銀行に対する公的資金注入の報道がありましたが、
資産保全、業務運営上の問題は発生しておりません。

 

このページのトップへ戻る

 

ひとりごとドジのお陰?で初体験

 好奇心も注意力も、これまでは人並みかそれ以上、などと自負していた。それが 『人並み以下』といわれても 仕方のないミスをやらかした。    
 夜の8時過ぎ、JR大阪駅の上り線。やや酒気帯び。  
 プラットホームに上がった時、すでに電車は到着し、行列は乗り込みをはじめていた。少しでも行列の短いところをと、目で探しながら進むうち、見つけた。もうほ とんど乗り込み終っている。早速。その後ろについた。
 もちろん、座ることはできない。反対側のドア近くに立ち、本を読み始めた。間もなく発車。本から目を離し何気なく座席の方を見ると、真ん中付近に座っているブランドづくめのようなおばさんが、じっとこっちを見ている。その目が気になった。何とも言えない意地の悪そうないやな目つき。再び目を本に戻した。
 この時、やっと気づいた。男性がいない。
 「もしかしてこれ、女性専用車?」
 前の女の子に聞いた。ニヤッと笑ってうなづく。
 再び車内を見回した。あのおばさん、まだにらんでいる。ほかの女性客はみんな知らん顔。
 約4分、新大阪駅で乗り換えた。そのハコは思わず鼻をつまみたくなる男臭さと汗臭さに蒸し暑さ。それまでが、かすかな化粧品の匂いと冷風だけの快適さだったから、よけいにその差を感じる。
 優先座席を見ると、かんビールを飲む勤め帰りの人達が占領している。有名無実の優先座席を設けて、こと終われりとする感覚を、もう一歩踏み出すことはできないものか。自分のミスはタナに上げておいて、腹の中で毒づいていた。 
(直)

 

このページのトップへ戻る

 

海遊館入館券の利用助成

 今話題の「なにわ“食いしんぼ”横丁」で賑わう天保山ハーバービレッジ!
 その中で、世界最大級の水槽を誇る海遊館の入館券を今回、つぎのとおり補助斡旋いたします。

海遊館入館券:

大人券(16歳以上または高校生以上)1,500円(通常2,000円のところ)
小人券(小・中学生)         600円(通常 900円のところ)
幼児券(4歳以上)          200円(通常 400円のところ)

★申込枚数:

会員1人につき大人・小人・幼児券あわせて5枚まで海遊館チケtット

★有効期間:

平成15年6月1日〜
      平成15年12月31日

★申込方法:

申込書に必要事項を記入の上、ファックスまたは郵送でお申し込みください。
申込書到着後、チケット及び請求書を送付いたします。
平成15年6月30日(必着)

 

このページのトップへ戻る

 

映画鑑賞券の利用助成

 毎回好評を戴いております映画館利用助成につきまして、全125館が利用できる映画鑑賞券の利用助成をつぎのとおり実施いたします。

チケット料金(1枚):

映画鑑賞券 大人券(高校生以上) 1,000円
      小人券(中学生以下)  500円
※映画鑑賞券対象施設のうち松竹系映画館ならびに東宝系映画 館につきましては、小人券の利用が出来ませんのでご了承ください。

★申込枚数:

会員1人につき大人・小人・幼児券あわせて5枚まで 映画鑑賞券

★有効期間:

平成15年6月1日〜平成15年9月30日

★プログラム:

上映予定は新聞等であらかじめご
確認ください。

★申込方法:

申込書に必要事項を記入の上、ファックスまたは郵送でお申し込みください。
申込書到着後、チケット及び請求書を送付いたします。
平成15年6月30日(必着)

 

このページのトップへ戻る

 

ディズニーオンアイスチケット斡旋

★場所:

大阪城ホール美女と野獣ポスター

★価格:

S席 4,000円(5,800円のところ)

★日程:

 

★申込方法:

・6月9日(月)〜6月27日(金)まで電話受付。
・受付時間:AM9:00〜PM5:00
・受付専用電話:06−6768−8192
・施設番号/施設名/会員番号/会員名/希望日時/申込枚数をお知らせ下さい。
・先着順で定員になり次第締め切らせて頂きます。
※なお、3歳以下のお子様で座席を必要とされない方は、
  保護者1名につき1名様まで無料、ただしそれ以外は同一価格となります。

 

このページのトップへ戻る

 

近鉄百貨店特別ご優待会

期間:

6月12日(木)〜
      6月16日(月)の5日間

★取扱店:

阿倍野店・上本町店・東大阪店・奈良店・橿原店・生駒店・桃山店・桔梗が丘店(8店舗でご利用いただけます)

★ご利用方法:

特別ご優待券を売場でご提示下さい。
(ご優待券は一枚で何回でもご利用いただけます)
期間中はご優待価格(5〜20%引き)で承ります。ただし、一部割引除外品があり、またブランドによっては割引率が異なりますので、詳しくは外商・各売場でご確認下さい。
現金・当社及び全国百貨店共通商品券のみお使い下さい。クレジットカードはご利用頂けませんのでご注意下さい。

★お問合せ先:

(株)近鉄百貨店 法人外商第2部第3課
<担当者>木村、辻、杉本 TEL(06)6625-2255直通

 

このページのトップへ戻る

 

伝言板

 

このページのトップへ戻る

 

アクアテニスコート

 

このページのトップへ戻る

 

日立キャピタルのマイカーローン

 

このページのトップへ戻る

サイトのトップへ戻る

メールアイコンメールはこちらからでも送信できます