公益法人改革に伴う制度改正を承認

 平成23年3月30日開催の理事会・評議員会において承認されました「公益法人改革対応にかかる基本方針」に基づき、退職給付金制度、福利厚生事業にかかる諸課題への対応を図るため、理事長の諮問機関である資産運用委員会・退職共済制度検討委員会・福利厚生事業運営委員会を開催し、検討を行ってまいりました。
 この度、退職共済制度検討委員会・福利厚生事業運営委員会より答申された内容について、平成24年2月8日開催の理事会・評議員会において下記のとおり承認されました。

〈新旧基準給与表〉はこちら(PDF:423KB)

改正のポイント

@第一退職給付金制度の改正・・給付を維持し、掛金を見直す。
現行:

事業主負担金 基準給与額×18/1000+660円
(特別掛金 7/1000含む)
個人掛金 基準給与額×14/1000+660円
(特別掛金 3/1000含む)

改正後:

事業主負担金 基準給与額×16/1000+660円
(特別掛金 0/1000)
個人掛金 基準給与額×12/1000+660円
(特別掛金 0/1000)

施行:平成24年4月1日

A第二退職給付金制度の改正・・掛金を維持し、給付を見直す。
現在0.2%の月利を0.16%に引き下げ、また、プレミアム乗率を5年以上一律1.025倍とする。
第二事務費掛金を現行95円から50円に引き下げる。
施行:平成24年4月1日

B貸金業法への対応について
新規貸付を停止し金融機関等との提携先(職域ローン)に切り替える。
提携ローン開始日:平成24年4月1日
現行貸付事業の新規貸付停止日:平成25年3月31日

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

このページのTOPへ

経過報告

 「資産運用委員会」で、一般財団法人に移行した場合、資産運用がどのような影響を受けるのかについて検証を行い、「退職共済制度に係る予定利率」を3%から2%に変更することが答申され、平成23年11月1日開催の理事会・評議員会で承認されました。
 この予定利率の変更を受け、「退職共済制度検討委員会」では、予定利率を2%に変更した場合の退職給付金制度について、「掛金」と「給付」がどうあるべきかを検討しました。
 第一退職給付金制度(全会員が加入している退職金制度)については、2%の予定利率で現行給付を維持することを前提に検討を行った結果、積立不足を解消するために負担いただいていた掛金が不要となる反面、退職給付金制度を維持するための掛金は上昇するため、改正後の掛金は基準給与額の28/1000とすることとしました。なお、事業主と個人の負担割合については、昨今、人材確保がより難しくなっていること考えると個人負担を軽減すべきという意見が多数を占める一方、社会保障費の抑制、法定福利費の増加等、法人運営が非常に厳しい状況であることを考えると法人負担を軽減すべきとの意見もあることから、負担割合の最終決定を理事会・評議員会に委ねることとし、前記@のとおり決まりました。
 また、第二退職給付金制度(希望施設のみ加入、掛金全額事業主負担)についても、予定利率の引き下げによる影響を受けますので、「給付を維持して掛金を上昇」、「掛金を維持して給付を見直す」という2案について協議を行いました。
 給付を維持して掛金を上昇させる場合、現状より1割以上の負担増を事業主に求めることや、現在の第二退職給付金制度が予定利率3%を基準にした月利と給付率で運営されているため、予定利率見直しとなれば、それに合わせた給付に改めることが適切という意見により、現行0.2%の月利を0.16%に引き下げ、また、プレミアム乗率を5年以上一律1.025倍にするという結論になりました。
 第二退職給付金制度にかかる事務費については、加入者が当初見込みの2倍程度のペースで増えていることから、現行の月額95円を50円に引き下げることが適切との結論になりました。
 一方、福利厚生事業運営委員会では「貸付事業のあり方」について、「現行の貸付事業を維持する」、「新規貸付を停止し金融機関等との提携先(職域ローン)に切り替える」、「貸付事業を単純廃止する」という3つのケースについて検討を行いました。
その結果、現行制度の利用者が減少傾向にあることや、一般財団法人に移行すると貸金業法の適用を受け、総量規制(借入総額が年収の1/3まで)がかかること、貸金業者の登録をすること、個人信用情報を提供・照会すること等、人的・物的要件整備に多くの費用がかかることより、委員会としては「新規貸付を停止し金融機関等との提携先(職域ローン)に切り替える」との結論になりました。
 なお、各委員会の答申書は、共済会ホームページに掲載しておりますので、ご覧下さい。

このページのTOPへ

平成23年度 第3四半期退職給付金積立金運用報告

 平成24年1月28(土)第41回資産運用委員会が開催され、平成23年12月末日(平成23年度第3四半期)の本会退職給付金積立金の運用報告が行われました。
 第3四半期は、欧州の「イタリア国債」の格下げ等、欧州の金融財政不安が引き続き、景気が後退するのではという懸念から、運用環境は依然厳しいものでした。
本会につきましては、この四半期については、0.39%とプラスの収益率となりましたが、資産配分において株式の比率が低かったため、超過収益は、ベンチマークより−0.21%劣後致しました。
 平成23年4月から12月までの収益率は、2.65%のマイナス運用となりましたが、ベンチマークより1.52%高い超過収益となっています。
 委員会では、前期同様、実績資産配分においては、内外株式の時価の上昇がありましたが、外国株式については、許容乖離幅に対し、−1%となりました。
 前回の委員会において、予定利率2%に対する新しい政策アセットミックスによる基本資産配分が決定されるまでは、リバランス行わないことになっておりましたが、今回の委員会においても、リバランスを行わないことが確認されました。
 なお、新しい基本資産配分作成のため、予定利率2%及び新年度施行にかかる新しい掛金率のもとで、ALM分析(資産と負債の15年程度の予想)を行うことが承認され、それにより基本資産配分の見直しを行うことが確認されました。 
 なお、平成23年度第3四半期の運用結果は、下記のとおりです。

退職給付金積立金 平成23年12月末日現在 (単位:百万)

  資産区分
国内株式 国内債券 外国株式 外国債券 その他
基準 簿価 5,610 14,306 2,443 1,574 56 23,989
時価 3,775 14,731 2,152 1,386 56 22,100
評価損益(時価−簿価) △1,835 425 △291 △188 0 △1,889
収益率 △14.48% 3.50% △15.91% △4.76% △2.63% △2.65%
ベンチマーク収益率 △15.15% 2.58% △15.92% △4.09% △0.08% △4.17%
超過収益 0.67% 0.93% △0.01% △0.66% △2.71% 1.52%
時価による配分比 17.1% 66.7% 9.7% 6.3% 0.3% 100.0%

(*収益率・・・平成23年4月から平成23年12月まで)
(*ベンチマーク収益率・・・市場の標準値)
(*簿 価・・・購入価格、取得価額に利益を加算した額)
(*時 価・・・一定の期日をもって売却したと仮定した場合の売却価格)
(*評価損益・・・含み損益のことであり、一定の期日をもって売却したと仮定した場合の簿価額との差)

このページのTOPへ

法人・事務局ニュース

共済会の制度改正に伴う説明会ならびに退職共済制度にかかる会計実務研修会について

日時
平成24年3月28日(水)
午前の部:午前10時〜
午後の部:午後1時30分〜
(内容は同じです)
場所
大阪府社会福祉会館 5階 501号室
内容
@平成24年4月実施の制度改正について
A共済会の会計処理について

※詳細は別途お送りするご案内でご確認下さい。

共済会制度改正にかかる説明会 並びに会計実務研修会 申込書はこちら (PDF:61KB)

諸届の提出期限について

 毎年3月〜5月の時期は、加入者・退職者・施設の新設等の届出書類が集中いたします。
そのため円滑な事務処理が行えるよう平成24年3月15日〜5月31日までの期間に提出される書類については、原則として郵送していただきますようお願いいたします。
《窓口で書類を提出される場合は受け取りのみとして、お送りする書類(施設控・領収書等)は後日、各施設・団体あてに返送させていただきます》なにとぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
また民間共済会と福祉医療機構の各届出書類については、各施設・個人分をまとめて共済会まで提出してください。
なお、つぎの届出書類の提出・手続きにつきましては必ず期日までにお願いいたします。

@ 共済会 基準給与算定基礎届 (平成24年4月10日まで)
A 福祉医療機構 掛金納付対象職員届 (平成24年4月30日までに福祉医療機構に直送

※電子届出システムをご利用の場合は別途福祉医療機構から送付される要綱をご覧下さい。

注)平成23年4月1日から平成24年3月31日までの間に届出の必要があるもので未提出となっているものについては、平成24年3月31日までにご提出下さい。

新たな社会福祉法人会計基準に移行される場合について

 新たな社会福祉法人会計基準(以下、新会計基準)の制定にともない、平成24年4月より新会計基準に移行する法人・事業所については、共済会の掛金等にかかる会計処理時の科目が一部変わります。
 ついては、資料をご覧いただき、科目変更をお願いいたします。

共済会退職共済制度にかかる新社会福祉法人会計基準への移行時の取扱いについてはこちら (PDF:333KB)

奈良健康ランド・奈良プラザホテルとの提携終了について

 本会の宿泊提携契施設、奈良健康ランド・奈良プラザホテルにつきまして、先方の事情により平成24年3月31日をもって、提携契約を解除するとの通知がありました。
 つきましては、4月1日以降、割引を受けられなくなりますのでご注意下さい。

このページのTOPへ

お知らせ

全国退職共済制度

平成24年度掛金見込額  44,700円の予定

 平成24年度の福祉医療機構退職共済掛金額は、1人当たり44,700円の予定です。
詳しくは、各契約法人あて福祉医療機構から掛金納付対象職員届等が送付されます。

今後の事業日程

事業名 開催日 開催場所
第44回 施設職員ソフトボール大会 平成24年5月17日(木)・18日(金) 舞洲スポーツアイランド

※2012年プロ野球観戦招待の申込は、2月末で締め切らせていただきました。

このページのTOPへ

提携により次のサービスが受けられます

会員が次の提携先のメニューを利用する時、割引や入会金免除などのサービスを受けることができます。

提携先
株式会社 アルファリフォーム
大阪市生野区林寺5-12-10
電話 : 0120-81-2406 fax:06-6741-0034
恩典
リフォーム工事費(特別斡旋価格)からさらに5%割引
内容
リフォームに関する相談カードをファックスすれば、後日、見積もり(無料)の上、特別斡旋価格からさらに割引が受けられる。

リフォーム工事特別斡旋のご案内はこちら (PDF:67KB)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

提携先
株式会社 エイブルCHINTAIマーケティング
大阪市中央区北浜4-1-2
電話:0120-315-826 fax:06-6222-7601
恩典
お部屋探しの特典として、仲介手数料(家賃の52.5%)からさらに10%割引
内容
最寄のエイブル店舗で賃貸物件の紹介を受けるか、または電話・ファックスで賃貸物件の紹介を受ける。成約になれば割引が受けられる。

お部屋探しの特典のご案内はこちら (PDF:216KB)

このページのTOPへ

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

優待券をお送りします

 関西一円でチェーン展開されています「ジャンボカラオケ広場」優待券を同封しておりますので、ご利用ください。
 また、優待券が足りない場合は、ご請求ください。

  • 精算額より20%割引(4人様以上で)
  • 3人様以下の場合は10%割引
  • 1枚で何人様でもご利用いただけます。
  • ジャンボカラオケ全店でご利用いただけます。
    (スーパージャンカラではご利用いただけません)

このページのTOPへ

癒しの森 バスツアー参加者募集

C.Wニコル氏の「森の話」と『五感で感じる 信濃町の春』

 今回、1泊2日の癒しの森バスツアーをご案内いたします。
このツアーでは、癒しの森のプチ体験と、普段では見ることができない、C.Wニコル氏が長い時間をかけて整備された「アファンの森」をスタッフの方にご案内いただきます。
 つきましては、このツアー参加者を下記のとおり募集いたします。
 ひと味違った、癒しの森を体感してみてください。
 なお、本ツアーは会員以外の方もご参加いただけますので、ご家族、お友達等とご一緒にお越し下さい。

森の癒し効果

森の中にいると、爽やかな気持ちになったり、心が落ち着いたりするものですね。森には、人の心と身体を癒す効果があり、医学的にも証明されはじめています。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

フィトンチッド
森の香には、樹木から発散されるフィトンチッドと総称して呼ばれる成分が含まれます。菌や微生物の活動を抑制し、人間の健康だけでなく癒しや安らぎを与える効果もある物質です。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

天然のマイナスイオン
自律神経の副交感神経に作用して、身体をリラックスさせ、疲れをとります。また、皮膚機能も活性化し、寒さや暑さへの適応力が向上します。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

1/f ゆらぎ
自然の奏でる「せせらぎの音」や「木の葉を揺らす風の音」「木漏れ日」には1/fゆらぎと呼ばれる不規則な変動をする波長があり、人にヒーリング効果をもたらすと言われています。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

緑のカーテン
森の中では、緑のフィルターが80%もの太陽光線を遮り、有害な紫外線をカットしてくれます。また、人間の目に優しい緑の色が、心までも穏やかにしてくれます。

募集要項

日程
平成24年5月24日(木)〜5月25日(金)
行き先
長野県信濃町
宿泊先
ホテルアスティーくろひめ(2〜4人1室)
参加費
44,500円
申込方法
申込書に必要事項を記入の上、FAXでお申し込み下さい。
日新航空サービス株式会社  06−6223−0502
※詳細は、案内をご覧下さい。

癒しの森ツアー参加申込書はこちら (PDF:148KB)

このページのTOPへ

伝言キョウちゃん 詩・俳句・川柳を募集します。
短文を募集します。(見聞されたこと感想文など何でも)
4コマまんが・イラスト・写真を募集します。
伝言板
いずれも来月号に掲載を予定しておりますので毎月15日締切とさせていただきます。また、感想文などは、300字以内でお願いします。(郵送・FAX・メール可) なお、掲載させていただいた方には粗品をお贈りいたします。奮ってご応募下さい。

このページのTOPへ